猫 ねこ 猫 ねこ ネコ 猫 ねこ ネコ
猫 ねこ ネコ

ご訪問ありがとうございます。

猫、猫雑貨、猫グッズ、マンハッタナーズなどの、
趣味の「ネコモノ」を集めております。
雑記やレビュー記事もありますが、ご容赦下さいませ。

お探しの猫グッズがありましたら、ブログ内検索か、
左サイドバーのカテゴリから記事を探してみて下さいね。

猫 ねこ ネコ
猫 ねこ ネコ 猫 ねこ ネコ 猫 ねこ ネコ
猫 ねこ ネコ

 にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ  HomeAdmin

スポンサーサイト

No.| --年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の玄関

No.280| 2011年02月22日 (火)
ずいぶん前に我が家を注文住宅で新築した時、車庫の壁に小さな穴を開けてそれを猫の勝手口にしていました。
壁の穴には木製の戸を付けて、いちおう鍵もかかるようにして。
21歳まで生きた猫が若かった頃、冬の寒さもものとしない元気さだったので、猫の住処はほとんど車庫だったのです。
雨風や吹雪の時だけ、吹き込まないように木の戸を閉めていました。
こういう融通が効くところが注文住宅のいいところですね。
猫は自分の好きな時に猫の玄関から出入りをしていました。
アメリカのホームドラマとかでは、人間の玄関の横に犬猫用の出入り口があったりしますよね。
この頃見たテレビで、猫の首輪のセンサーに反応して戸が開くという、ハイテクな猫玄関を見ました。
確かにこれなら他の猫は入って来られません。
野良猫に寝床を乗っ取られた経験から、こういうのもあるんだーと感心していた次第です。
今はもう、猫の玄関はありません。
何年か前に家の外壁にタイルを貼ってリフォームした時、ふさいでしまったのです。
その時猫はまだ生きていましたが、もう年寄りでほぼ家の中でまったりと暮らしていたので。
猫の玄関のことを、かつては「猫通り口」と呼んでいました。
今でも車庫の内側からその名残を見ることができます。
猫の思い出のひとつです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
猫
SEO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。