猫 ねこ 猫 ねこ ネコ 猫 ねこ ネコ
猫 ねこ ネコ

ご訪問ありがとうございます。

猫、猫雑貨、猫グッズ、マンハッタナーズなどの、
趣味の「ネコモノ」を集めております。
雑記やレビュー記事もありますが、ご容赦下さいませ。

お探しの猫グッズがありましたら、ブログ内検索か、
左サイドバーのカテゴリから記事を探してみて下さいね。

猫 ねこ ネコ
猫 ねこ ネコ 猫 ねこ ネコ 猫 ねこ ネコ
猫 ねこ ネコ

 にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ  HomeAdmin

スポンサーサイト

No.| --年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫、強い野良猫の軍門に下る 猫の思い出06

No.260| 2011年02月07日 (月)
うちの猫は威勢はいいし気も強いのですが、より強い相手には弱腰というアホな性格でした。
引っ越す前は近所のボス猫的存在だった白猫の舎弟状態。
引っ越した先では、ずぶとい白い野良猫と喧嘩して負けて以来、すっかり軍門に下った感じです。
引越し先の新築した家では、うちの猫のために車庫の一部に小さな穴をあけて、猫の通り口を作っていました。
いちおうフタも作って、必要なときには鍵もかけられるようにしてありました。
車庫から出入りするうちの猫を、お隣さんがほほえましく見ていたそうです。
しかし、この車庫の猫通り口も白のデブ野良猫に占領されたのです。
ある日車庫を開けてうちの猫を呼んだら、寝床の箱から出てきたのは白デブ野良猫でした!
ものすごーくびっくりしたのを覚えています。
ギャーと叫んだら白デブ野良猫は逃げて行ったけれど…。

また、新築当時の家はコンクリートの基礎部分が完全に乾燥しておらず、基礎部分の空気穴にふたをしていない状態でした。
で、1か月くらい経ってそろそろふたをしようとうことになり、ふたをしたところ。
夜になったら、床下からニャアニャアとだみ声がするではありませんか。
例の白デブ野良猫が入りこんでいたのでした。
ふたをして閉じ込められてしまったのです。
床下で餓死されても目覚めが悪いので、外に出すことにしました。
ふたを一か所開けて、そばに缶詰のキャットフードを置いておびき出す作戦です。
しかしこの作戦は、うちの猫がキャットフードを食べてしまったので一度は失敗。
うちの猫を家に入れた上で再度トライ、やっと上手くいきました。

白デブ野良猫はその後もあれこれと好き放題やってくれて、かなり迷惑な存在でした。
そこで対処することにしたんですが…以下、続く。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
猫
SEO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。