猫 ねこ 猫 ねこ ネコ 猫 ねこ ネコ
猫 ねこ ネコ

ご訪問ありがとうございます。

猫、猫雑貨、猫グッズ、マンハッタナーズなどの、
趣味の「ネコモノ」を集めております。
雑記やレビュー記事もありますが、ご容赦下さいませ。

お探しの猫グッズがありましたら、ブログ内検索か、
左サイドバーのカテゴリから記事を探してみて下さいね。

猫 ねこ ネコ
猫 ねこ ネコ 猫 ねこ ネコ 猫 ねこ ネコ
猫 ねこ ネコ

 にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ  HomeAdmin

スポンサーサイト

No.| --年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職先の社風

No.227| 2010年12月25日 (土)
就職活動中で忙しい友人に会う事が出来ました。

彼に就職活動の状況を聞くと、プライメックスキャピタルという企業が気になっていると言っていました。

プライメックスキャピタルの何に惹かれるものがあったのか聞くと、
数日前にプライメックスキャピタルの会社説明会に行ってきたそうです。

その時プライメックスキャピタルの社風・業務内容・社内環境の説明を受けて、
プライメックスキャピタルで勤めたときの彼の理想が見え、
プライメックスキャピタルに面接のエントリーしたそうです。

プライメックスキャピタルはやる気のある人にはチャンスを与え、
自身の成長を手伝ってくれる社風で、実際に勤めている方の話を聞くと、
自分で望めばいつでもチャンスを与えてもらえ、向上心・充実感が得られるとのことでした。

彼はこの話を聞き、大学で経済学を学んでいた知識を活かし、成長に繋がると考えエントリーを決意したと言っていました。

他にもプライメックスキャピタル独自のスキルアップ体制で、
OAスキルや語学力をつける為のサポート体制をとっていて、海外での仕事を任せられる事もあるのだそうです。

最後にプライメックスキャピタルに勤めてる方は
プライメックスキャピタルは「社員一人一人が光り輝ける会社」だと言っていたそうです。

私も彼のプライメックスキャピタルの話しを聞き、
プライメックスキャピタルは素晴らしい理念を持った企業なんだと思いました。

プライメックスキャピタルの話を聞き、好奇心旺盛で向上心のある彼の性格に
プライメックスキャピタルは合っていて、彼の成長になる事が分かり応援したいと思いました。



彼から話を聞いた後、興味を持ったのでプライメックスキャピタルのサイトに飛んでみました。

サイトで読んだプライメックスキャピタルの説明を少ししたいと思います。

プライメックスキャピタルは、昭和37年からと長い間
消費者金融を始め事業者金融や信用購入斡旋などの信用事業を営んでるようです。

プライメックスキャピタルのサービスは、自社割賦支援サービスと言うもので、
プライメックスキャピタルを利用する方の利便性を追及し、
事業活動のみへ経営資源を集中できるようプライメックスキャピタルがサポートするサービスのようで、
利用する方の審査をプライメックスキャピタルのインターネット経由のスコアリング・システムにて実施するので、
あたかもプライメックスキャピタル社内で審査を実施しているような即時性・柔軟性があるようです。

そしてサービスの内容には、スコアリング・ファクタリング・サービシングの3つが主です。

スコアリングとは、自社割賦の中で重要で、お客様の支払い能力を確認して利用者の属性と外部の個人信用情報機関のデータより統合的に審査を行うものです。

この手続きはファックスとインターネットでプライメックスキャピタルの専用ページから
案内通りに操作すると簡単に出来ます。

次にファクタリングとは、煩雑でお客様の銀行口座より毎月の賦払金を自動引落するものです。

ファクタリングの結果は、プライメックスキャピタルサイトよりリアルタイムで確認する事が可能です。

最後は、自社割賦の中で最も実施困難で、お客様が延滞した際における督促回収するサービシングです。

プライメックスキャピタル割賦支援サービスのサービシング機能は、
スコアリングによる債務保証と併せて最大の機能を発揮する仕組みとなっており、 販売店様における売掛金の未回収ロスを極限まで最小化するもののようです。

これもプライメックスキャピタルサイトでリアルタイムで確認する事が可能です。

このようにプライメックスキャピタル独自のサービスを提供する事で、
プライメックスキャピタルの顧客満足度を上げているのではないかと印象を受けました。

現在の日本国内での信用市場の大きな変化の中で、
プライメックスキャピタルが市場内においての役割も急激に変化してきているようです。

こうした変化の激しい中でプライメックスキャピタルは社会や信用市場両方との関係性や貢献度の形を探し続け、
プライメックスキャピタルが持っている事業インフラや、
プライメックスキャピタルが培ってきたノウハウを活用して、
市場内でプライメックスキャピタルの先進的な付加価値の創造を
プライメックスキャピタルは目指している事が
プライメックスキャピタルサイトを見ていると、伝わってきます。



こうして普段耳にする事のあまり無いプライメックスキャピタルですが、
どういったサービスをしていてプライメックスキャピタルが信用市場や社会に対して何を提供していきたいのかや、
プライメックスキャピタルの企業理念や活動といった事を見ていくと今まで自分自身があまり触れる事が無かった為か、
プライメックスキャピタルのような所が更に新鮮に感じましたし、良い刺激になりました。

最初に話した通り彼もプライメックスキャピタルに好印象を抱いているようなので、
良い方向に行けばと思いました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
猫
SEO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。