猫 ねこ 猫 ねこ ネコ 猫 ねこ ネコ
猫 ねこ ネコ

ご訪問ありがとうございます。

猫、猫雑貨、猫グッズ、マンハッタナーズなどの、
趣味の「ネコモノ」を集めております。
雑記やレビュー記事もありますが、ご容赦下さいませ。

お探しの猫グッズがありましたら、ブログ内検索か、
左サイドバーのカテゴリから記事を探してみて下さいね。

猫 ねこ ネコ
猫 ねこ ネコ 猫 ねこ ネコ 猫 ねこ ネコ
猫 ねこ ネコ

 にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ  HomeAdmin

スポンサーサイト

No.| --年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪たれ小僧猫 思い出02

No.216| 2010年12月21日 (火)
平成元年の秋に、生後3週間という幼さで我が家にやってきた猫は、最初は片手の平に乗るほどに小さくヨチヨチ歩きだったのに、あっという間に成長していきました。
湿らせた脱脂綿でお尻をチョイチョイと刺激してあげないとトイレができなかったのが、いつの間にか普通に用足しもできるようになっていました。
食事も猫用ミルクからお湯でふやかしたドライキャットフードに。
それもすぐに卒業して、ドライフードをバリバリと食べるようになりました。
体もどんどん大きくなりました。
片手には乗らなくなり、両手サイズ。
ヨチヨチ歩きは猛ダッシュに変化。
体重が軽いのをいいことに、人の背中に飛びついてそのまま服に爪を立てて肩まで登ったり。
カーテンをよじ登ってカーテンレールの上をタッタッタと軽快に歩いたり。
ソファなどの物陰に隠れて、通った人の足に飛びかかって前足で抱え込んでガブッと噛みついたり。
もうとにかく元気でやんちゃで悪たれ猫でした。

こんな事件もありました。
近所の公園の木に登ったのはいいものの、降りられなくなってニャーニャーニャアと大騒ぎ。
子供たちが集まって「猫だ、猫だ」と言っています。
私も木を見上げてみたら、うちの猫でした。うわー恥ずかしい。
結局、父が裸足になって木に登り、猫を救出しました。
この頃からやんちゃ猫として近所でも有名になっていった気がします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
猫
SEO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。